« 参議院選挙 | トップページ | 少年リンチ殺人 »

2004.07.06

馬鹿は死んでも直らない

 わが国も某国のように凶悪事件に関して「スリーアウト」制を採用して欲しいと思う今日この頃。こういうヤツは、死刑あるいは終身刑を作ってでも、次で一般社会から排除したいものだ。以下はインターネット版の産経新聞の記事より引用:

-----(引用ここから)

コンクリ詰め殺人有罪の男 監禁、傷害で逮捕

 昭和六十三年に起きた「女子高生コンクリート詰め殺人事件」で逮捕された少年四人のうちの一人が、知り合いの男性を監禁して殴るけるの暴行を加えたとして、警視庁竹の塚署に逮捕監禁致傷の疑いで逮捕されていたことが三日、分かった。
 逮捕されたのは埼玉県八潮市、コンピューター会社アルバイト、神作譲容疑者(三三)。調べによると、神作容疑者は五月十九日午前二時ごろ、東京都足立区花畑の路上で、知り合いの男性(二七)に因縁をつけ、顔や足に殴るけるなどの暴行を加えたうえ、金属バットで脅迫。車のトランクに押し込み、約四十分車を走らせた後、埼玉県三郷市内のスナックで「おれの女を知っているだろう。どこへやった」などとして約四時間監禁し、殴るけるの暴行を加え、男性に全治十日のけがを負わせた疑い。容疑を認めており、調べに対し「ちょっとやりすぎた」と話している。
 神作容疑者は先月四日、竹の塚署に逮捕され、東京地検は同月二十五日、逮捕監禁致傷罪で起訴した。
 女子高生コンクリート詰め殺人事件では、平成三年の東京高裁控訴審判決で主犯格の少年に懲役二十年などが言い渡され、四人の実刑が確定した。神作容疑者はサブリーダー格として犯行に加わり、懲役五-十年の不定期刑が確定、服役した後、出所していた。

-----(引用ここまで)

 女子高生コンクリート詰め殺人事件の概要は、サイト「無限回廊」の「女子高生コンクリ詰め殺人事件」ページに載っているので、興味あるかたは参照されたし。ただし、常人の感覚では最後まで読み通すのは辛いだろう。まさにヘドの出るような気持ちに陥るから‥‥

 そういえば、「女子高生コンクリート詰め殺人事件」が報道された頃、会社の寮でひとしきり話題になった。死体の詰め込まれたドラム缶が廃棄された、江東区若洲15号地 若洲海浜公園 整備工場現場空き地は新木場の近くで、寮生の何人かがその脇を毎日のように車で通っていたからだ。「えー、あそこかよー」「信じらんねぇー」「もしかして、そのドラム缶、見ているかも‥‥」 でもまぁ、その若洲海浜公園で、数年前からバーベキュー大会を毎年やっているんですよね‥‥ ウチの会社は。

 閑話休題。

 この事件の犯人たちは、全員、未成年だった。しかし『週刊文春』(1989年4月20日号)では実名で報道した。コラムニストの勝谷誠彦氏はその記事を書いた本人だそうで、「勝谷誠彦の××な日々。」の2004年7月5日の記事に「野獣に人権はないは甘かった。人権じゃなくて畜権だ。」と題して往時を振り返っている。注目すべきは「当時、鬼畜は小倉譲と名乗っていた。どこでどう誤魔化すことに成功したのか奴は神作と姓を変えてまたも私たちに変わらぬ外道ぶりを見せつけてくれたのだ。」というクダリだろう。次は何と名乗るのだろうか、彼奴は。

(※ 7月10日補足:勝谷氏がTBSラジオで「吼えた」内容をテキスト化したサイトがある。興味あるかたはご参照ください。 「コンクリ事件を吠える」テープ起こし 勝谷節が炸裂してます)

 しかし。

 本当の馬鹿は、この期に及んでも、「元・未成年犯」ということで匿名報道を続けるマスメディアだ。あるブログ(「ふくみみ?:オンセカルダスとギリシャ娘がエーゲ海クルーズ祭」)では、インターネットで閲覧可能なマスメディアの記事へのリンクが集積されており、5本の記事(このうち2本は産経新聞)の中で実名入りの報道は、私も引用した産経新聞の1本だけらしい。

 嗚呼、馬鹿は死んでも直らない。

 本館サイト: http://www.dd.iij4u.or.jp/~kshimz/  E-Mail: kshimz@dd.iij4u.or.jp

|

« 参議院選挙 | トップページ | 少年リンチ殺人 »

コメント

i just saw a movie concrete yesterday. i was really shocked n felt sorry to her who got killed by 4 stupid guys. and i went web wer explained about crime in 1989. when she was killed, it is the same age as me. im here in Los angeles studying english and fashion. rite now i fell that ill live for her as much as i can. thank you.

投稿: Miss M. | 2005.02.10 05:16 午後

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28685/908976

この記事へのトラックバック一覧です: 馬鹿は死んでも直らない:

» 不良=かっこ悪いこと [えんすき日記 避難場所]
えんすき日記 本家はスキーレポートをアップ!SkiReport & En'sPhotoはこちら前回 鬼畜 神作譲の裁判について書きましたが、この男にもまともな少... [続きを読む]

受信: 2005.03.02 05:29 午後

« 参議院選挙 | トップページ | 少年リンチ殺人 »