« 中野社長こそ、精白の高低の意味を間違えている | トップページ | ダリットの梅干 »

2012.02.20

ミラーレス一眼を買った。

池袋のヤマダ電機(LABI 1)で、LUMIX DMC-GX1X-S レンズキット(シルバーのGX1ボディと、黒の電動標準ズームレンズ H-PS14042のセット)を購入しました。いわゆるミラーレス一眼というジャンルに属するカメラです。

レンズ交換式のカメラを買うのは、1985年9月にミノルタのα9000を購入して以来なので、かれこれ四半世紀以上ぶり。社会人になってからはCONTAX T・CONTAX T2・CONTAX Tix とコンタックスのTシリーズを渡り歩き、それ以降はいわゆる「コンデジ」、要するにレンズ固定式のデジカメばかり。ところが、MSN産経のサイトで、「ミラーレス一眼でオールドレンズが甦る」という内容の記事を読んで、「そうか、MDロッコールやαAFレンズ群が、デジカメで使えるのか!」 とメラメラと興味が湧いたのでした。いろいろ考えた結果、ビデオカメラとの統合を狙って、パナソニックの GX1 にしました。私個人としてはスチルだけでいいのでオリンパスの E-P3 にしたかったのですが、財務大臣の「私がビデオを取れる機種にしてね」の一言が重かった。

なんせ、E-P3の動画は「コンニャク」だから‥‥

そういうわけで、しばらく価格コムでGX1の価格をウォッチしていました。そして、一昨日の土曜日に、池袋のヤマダ電機で 「60,400円でポイント18%バック」の条件が出た、という話を読んで 「そろそろ潮時かな?」 と代休だったのをいいことに、出かけてみました。店に入ると、ちょうど 「タイムセール! 60,400円・ポイント10%以上」 というタイミングで、店員さん(男)に「実際のところ、どこまで下がるの?」と聞いてみたら、奥のほうに引っ込んでしばらくしてから出てきて、「金額はそのままのポイント21%バックでどうです?」になりました。ポイント還元分を差し引くと、実質 47,716円まで下がったので、即決。色は黒でもシルバーでも同条件とのことで、そのとき在庫があったシルバーにしました。

GX1X (GX1シルバー &電動パワーズーム)

K0000311223


カメラと一緒に、GX1用の液晶保護フィルムも買いました。こちらは、カメラでもらったポイントを充当しました。ヤマダ電機にあった、ハクバ写真産業の製品です。レジの近くの柱に掛かっていたものです。760円也。

4977187317251_00110_l_2


GX1X-Sを受け取ってから、パナソニックの5,000円キャッシュバックキャンペーン の対象となっている、電動望遠ズームレンズ(H-PS45175)をチェック。店頭表示は「44,940円・10%」で、「うーーーん、高いな」と悩んでいたら、店員さんが寄ってきて、「どこか他店の価格はご存知ですか?」と聞かれました。そこで 「アマゾンで33,500円を切ってましたよ」 と携帯電話のamazonのサイトを見せながら言ったら、またしても奥のほうに引っ込んで、出てきてから 「39,800円でポイント18%になります」 と差引 32,636円が提示されました。先ほどのGX1X-Sと合わせて 80,352円。ただし、こちらは黒もシルバーも在庫がなかったので、取り寄せになりました。

H-PS450175

K0000281878


目標は、レンズキット 50,000円・電動望遠ズーム 33,000円だったので、「いやー、安く買えた」 と満足して帰途につきました。

しばらくは、このカメラで遊ぶネタが続く‥‥ と、思います。

|

« 中野社長こそ、精白の高低の意味を間違えている | トップページ | ダリットの梅干 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28685/54183210

この記事へのトラックバック一覧です: ミラーレス一眼を買った。:

« 中野社長こそ、精白の高低の意味を間違えている | トップページ | ダリットの梅干 »