« R4: 1993年2月 週刊現代 「私は、二重国籍なんです」 | トップページ | R4: 1995年4月 COSMOPOLITAN 日本版 「国籍は、いつでも簡単に元に戻せるから、帰化に抵抗はなかったですね」 »

2016.09.17

R4: 1993年3月 朝日新聞 「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」

蓮舫氏が25歳のときに、「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」 と抱負を述べたという記事です。

 テレビ朝日は4月の改編からニュース番組「ステーションEYE」の新メーンキャスターを同社アナウンサー渡辺宜嗣さん(38)とタレントの蓮舫(れんほう)さん(25)にする。  報道内容の特徴として曜日替わりの特集を組む。月曜が「土・日のスポーツヒロイン生出演」、火曜が「中継企画・記者が行く」、水曜が「シリーズ健康」、木曜が「あの事件、その後」、金曜が「週末企画」などとなっている。  特に火曜の特集としては「蓮舫がこだわるアジアのニュース」との視点から随時、アジア諸国の人間模様を蓮舫さんが特派員として中継をする予定だという。  蓮舫さんは「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」と話した。

 (朝日新聞 1993年3月16日 夕刊17面)

19930316_17


|

« R4: 1993年2月 週刊現代 「私は、二重国籍なんです」 | トップページ | R4: 1995年4月 COSMOPOLITAN 日本版 「国籍は、いつでも簡単に元に戻せるから、帰化に抵抗はなかったですね」 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/28685/64216565

この記事へのトラックバック一覧です: R4: 1993年3月 朝日新聞 「在日の中国国籍の者としてアジアからの視点にこだわりたい」:

« R4: 1993年2月 週刊現代 「私は、二重国籍なんです」 | トップページ | R4: 1995年4月 COSMOPOLITAN 日本版 「国籍は、いつでも簡単に元に戻せるから、帰化に抵抗はなかったですね」 »